兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

経営・管理ビザ(Business Manager)とは

NO IMAGE

在留資格「経営・管理」(Business Manager)とは

簡単に言えば、日本でビジネスを開始したり、経営を委託されて担ったりする活動に与えられる、在留資格です。

以前は「投資・経営」と呼ばれていた在留資格です。

 

具体的には、

  1. 事業の経営を開始し、経営を行い、または、当該事業の管理を行う活動
  2. 既に営まれている事業の参画してその経営を行い、または、当該事業の管理に従事する活動
  3. 事業の経営を行っているものの代わりに経営を行い、または、当該事業の管理に従事する活動

です。

 

後で詳しく説明しますが、経営や管理を主とした活動ですので、単なる従業員は該当しません。

 

経営・管理ビザ申請で多いケース

 

海外にいる外国人が、日本でビジネスをする。日本に支店を出す

母国でビジネスをしており、日本にも拠点を構えたい場合や、日本に移住してビジネスを開始するパターンです。

後者の場合は、日本に知人や親族がいるケースが多いです。

 

日本に滞在している外国人が、起業するパターン

就労ビザで滞在している方が、経験を積んで独立起業するケースが、一般的です。

ある程度の業務経験や日本での人脈を築けていますので、成功の可能性は高いです。

 

次に、留学生が日本で起業するケースです。

こちらもけっこうありますが、在学中に取引先や人脈を確保していなければ、起業後の顧客開拓に苦労しているように思います。

もっとも、貿易などで本国からの商品を輸入する、本国に商品を輸出するなどであれば、割に上手くいっている方が多いです。

その他、通訳や語学学校の開校なども、比較的始めやすいと思います。