家族滞在(Dependent)とは

外国人の方が、以下の活動で在留している場合、扶養する配偶者と子供のための在留資格です。

例えば、日本でIT技術者やコックをしている方が、本国から妻や子を呼び寄せる場合のビザが該当します。

家族滞在の在留資格が許可されるためには、扶養者の収入が、日本で家族が一緒に暮らしていける金額でなければなりません。

収入が不十分だと不許可になります。

ただし、仮に収入が不十分であっても、他の親族で援助してくれる方がいる場合などは、許可の可能性があります。

・教授

・芸術

・宗教

・報道

・投資・経営

・法律・会計業務

・医療

・研究

・教育

・技術

・人文知識・国際業務

・企業内転勤

・興行

・技能

・文化活動

・留学

申請必要書類一覧例

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉

3 返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上,392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの) 1通

4 次のいずれかで,申請人と扶養者との身分関係を証する文書
(1) 戸籍謄本 1通
(2) 婚姻届受理証明書 1通
(3) 結婚証明書(写し) 1通
(4) 出生証明書(写し) 1通
(5) 上記(1)~(4)までに準ずる文書 適宜

5 扶養者の在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。)又は旅券の写し 1通

6 扶養者の職業及び収入を証する文書

7 その他(個々の活動に応じて)