観光ビザは在留資格「短期滞在」のことです。

当サイトでは、外国人の方が一般に使用する「ビザ」という言葉を使用しています。

 

そこから在留資格「日本人の配偶者」への変更です。

 

これには、2通りの方法があります。

例えば、短期滞在の在留資格が90日だとします。

 

変更申請する場合は、申請して概ね2~4週間で結果が出ます。

期限的には問題がありません。

 

しかし、変更申請するには「特別の事情」が必要です。

つまり、特別の事情がなければ、許可されません。

 

なぜなら、短期滞在は短期での入国を意図している在留資格ですから、長期滞在を意図しているのであれば元から長期の在留資格を取得するべきというのが入管の考え方です。

 

特別の事情については、子の養育等、短期滞在から変更してまでも滞在する理由です。

 

もう1つの方法は、短期滞在中に在留資格認定証明を取得する方法です。

取得した認定証明を添付して、在留資格変更申請を行います。

 

こちらであれば、前述の「特別の事情」が不要です。

長期滞在を意図した在留資格を取得しているからです。

 

ざっと説明しましたが、具体的な流れ等は専門家である行政書士に任せたほうがよいと思います。