配偶者の連れ子を呼び寄せる

本人配偶者等ビザ申請後に、配偶者の子を呼び寄せることは多いです。

中には、配偶者と同時に連れ後も呼び寄せることもあります。定住ビザ

例えば、日本人と中国人が結婚をして、中国人の妻を日本人の配偶者で呼び寄せ、日本での生活を開始した。その後、生活が慣れてきたので、本国にいる実子を呼び寄せるケースです。

このケースで子の在留資格に該当するのが、「定住者」です。

俗に定住ビザと言われています。

この子ですが、未成年で未婚の実子、6歳未満の特別養子(法改正の可能性あり)が原則です。

外国の場合の養子は原則的に特別養子ですので、養子でも可能です。

しかし、日本の普通養子は認められません。

 

定住ビザ申請必要書類例

ビザ申請書類

1 在留資格申請書

2 写真

3 返信用封筒

4 扶養者の戸籍・住民票

5 日本人又は日本人配偶者等扶養者の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書

6 職業及び収入を証明する書類

7 身元保証書

8 理由書

9 その他