日本人の配偶者等ビザ(Spouse or Child of Japanese National)とは、日本人配偶者や特別養子、または日本人の子として出生した者などに与えられるもので。具体的には次のような場合です。

①日本人の配偶者

配偶者とは、現に婚姻中の者のことをいいます。配偶者が死亡した場合や、離婚した場合は含まれません。

法律婚でなければなりません。ですから、内縁関係や婚約者では認められません。

もちろん、婚姻関係には実体が伴わなければなりません。

 

②日本人の特別養子

普通養子ではダメです。民法817条の2に定める特別養子に認められます

 

③日本人の子として出生した者

子とは、実子のことをいいます。

認知された非嫡出子も含みます。

ただし、その外国人が出生したとき、父または母のいずれか一方が日本国籍を有している場合、または本人に出生時に父が死亡し、かつ、その父の死亡のときに日本国籍を有していた場合でなければなりません。