兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

在留資格「技術・人文知識・国際業務」 (Engineer/Specialist in Humanities/International Services)

「技術・人文知識・国際業務」とは

技術・人文知識・国際業務ビザ

技術・人文知識・国際業務ビザは、便宜上一緒になっていますが、「技術」「人文知識」「国際業務」とそれぞれに認められる活動が異なります。

つまり、3つの在留資格が1つになったイメージです。

そのため、3つそれぞれについて、許可基準が定められています。

在留資格の英語表記では、「Engineer/Specialist in Humanities/International Services」です。

 

【技術】

理学、工学、その他自然科学分野に関する業務です。

つまり、理系の職種になります。

具体的な業務としては、エンジニアやプログラム開発者、SEなどが該当します。

 

【人文知識】

法律や経済、社会学、その他人文科学に関する分野の知識を要する業務です。

つまり、文系職種です。

具体的な業務としては、マーケティング、経営戦略、営業、総務、経理、法律事務などが該当します。

語学を絡めての場合は、次の国際業務にも該当するケースもあるでしょう。

 

【国際業務】

外国の文化に基礎を有する、思考や感受性を必要とする業務です。

具体的な業務としては、通訳や語学教師などが該当します。

許可基準について

詳細は許可基準を全て記載できませんが重要なポイントは、

  1. 本人の学歴・職歴などの経歴
  2. 従事する職務内容
  3. 雇用する法人の内容や業績
  4. 日本人と同程度の給与水準

です。

 

いずれにしても、本人の学歴や職歴と従事する職務に関連性がなければいけません。

 

以下、それぞれの基準を簡単に述べます。

全て記載するわけではありませんので、詳細はご相談ください。

 

【技術】

理系分野の専門知識や技術を有していること

・10年以上の実務経験

・情報処理などの資格

・大学卒業か、日本の専門学校卒業

 

【人文知識】

人文知識分野の一定水準以上の知識を有していること

・大学卒業、日本の専門学校卒業

・10年以上の実務経験

 

【国際業務】

・大学卒業、日本の専門学校卒業

・3年以上の実務経験

技術・人文知識・国際業務ビザの現状

現在、日本で就労する外国人労働者で実習生を除けば、在留資格「技術・人文知識・国際業務」が最も多いです。

永住等の身分系在留資格を除いてですが、留学生からの変更においても、一番多いのがこの在留資格です。

外国人本人はもちろん、雇用する側の事業者様にも身近な在留資格です。

今後もその流れは続くと思われますので、外国人雇用を考える際に、真っ先に検討できるかどうかを考えてください。

当事務所においても、就労系の在留資格では断トツに取り扱い件数が多いです。

許可取得に、自信があります。

就労ビザ