帰化とは、日本人になること

帰化すると、日本人になります。

そのため、日本人と同等の権利を有します。

 

例えば、

公務員になることができる・・・原則、外国人の公務員になれません。

選挙権が得られる・・・日本の国政・地方選挙で投票することができます。

被選挙権が得られる・・・選挙に立候補することができます。

・ビザの更新や在留カードがなくなる・・・日本人なので、当たり前です。

 

また、日本のパスポートを取得できますので、海外に渡航する際にはノービザで行けるケースが多くなります。

 

ただし、帰化すると従前の国籍は喪失します。

二重国籍は禁止だからです。

 

たまにあるのが、「帰化するが心は日本人ではない」「上記の便宜上、帰化するだけ」というご相談です。

帰化は純粋に日本人になりたい方のための制度であり、法務省もそのような方を対象に審査します。

日本人になる気がないのに、便宜上で申請するのは、お止めください。

 

永住との違い

帰化の趣旨を前述しました。

永住との違いは、帰化は日本人になること、永住は外国人として日本に住み続けることです。

 

ただ、永住で滞在する限りは、何らかの事情で退去強制などがあり得ます。

帰化していれば、ありません。

 

どれだけ長く住んでいても、選挙権・被選挙権は得られません(現行の法律では)。

 

どちらを選択するかは、ご自身の考えや意思です。

単なるメリット・デメリットではなく、真の意思に基づいて滞在するようにしてください。