当事務所では、不許可からのリカバリーも多く経験しています。

ご自分でされて不許可であったケースでも、再申請や再々申請で許可されることはよくあります。

その場合、不許可理由について、立証を積み重ねることになります。

難易度が上がるため、当事務所の報酬も加算させていただいております。

事案としては、過去の犯罪歴、オーバーステイなどの法令違反、年収が低くて不許可になった、海外渡航歴が多くて不許可になったなどのケースが、多いです。

個別の事案で証拠集めや書類作成が異なります。

まずは無料相談で、ご確認ください。