外国人の方から、よくいただく質問です。

永住許可を考えている方、永住許可の申請をしても不許可で通らない方などが、考えるようです。

いろいろな要件を検討していたら、帰化の方が通りやすいのではないか、と。

 

しかも、2019年7月からは就労系の在留資格から永住許可への変更が厳しくなりました。

滞在要件も、そもそも帰化より永住のほうが厳しいです。

 

とすれば、永住許可をせずに、帰化申請を選んだほうが効率がいい。

そう思うのも、無理はありません。

 

たしかに、我々専門職の間でも、帰化の要件のほうが緩いように感じることがあります。

国籍取得は、大変なことだと思うのですが、日本は諸外国に比べて簡単ではとも思います。

 

しかし、日本は二重国籍を認めていませんので、日本での帰化は、これまでの国籍を捨てることになります。

真に日本人になりたい方しか、帰化申請をすべきではありません。

 

許可基準が緩そうだからではなく、外国人として日本に住み続けるのか、日本国民になるのかの、選択です。

慎重に、判断してください。