さすがに、外国人の方の間で情報が回るのが早いです。

2019年の7月より、就労系の在留資格から永住許可申請する場合は、5年分の納税証明書等を提出しなければならなくなりました。

以前は3年でしたので、2年分追加になっています。

 

2年といえば、短いようで長いものです。

しかも、適切な時期に納税等を行っている必要があります。

 

5年間、適切な時期に納税等をしてきた証明を提出するのは、サラリーマンなら容易かもしれませんが自営業者等はなかなか難しいのではないでしょうか。

上記のように申請者の負担が増しており、不許可事案も見受けられます。

 

今後の永住許可申請は、慎重に書類を揃えて行うようにしてください。