兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。
CATEGORY

就労ビザブログ

  • 0件

金融業界の外国人雇用について

学歴・経歴に問題なければ雇用しやすい   金融業界は、証券会社や保険業などのホワイトカラーがイメージできると思います。 金融業界もグローバル化が進み、外資系企業が日本に溢れていますし、海外進出する日本の金融業も多いです。 投資先の選定・調査や訪問なども、大きな成長の見込めない国内よりは、今後発展する海外に目を向ける時代です。 日本に住む外国人が増えたことで、保険加入やローンなどの接客業務 […]

  • 0件

マッサージや鍼灸師で医療ビザは取れるか

在留資格に該当しますか   医師をはじめとして、医療分野にはさまざまな職種が携わっています。 看護師、薬剤師などは、最たるものです。 上記の国家資格者は、まず問題なく「医療」の在留資格が取得できます。 他にも、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、義肢装具士、診療放射線技師、歯科衛生士、臨床工学技師といった職種は、国家資格を取得すればビザは取れます。 卒業までに国家資格を取得していることが […]

  • 0件

留学や家族滞在ビザのバイトを正社員にする場合の職務内容

在留資格に該当しますか   留学生や家族滞在ビザをお持ちの方は、資格外活動許可を取得してアルバイトに従事できます。 実際に多くの外国人が、日本でアルバイトをしています。 中には、真面目で一生懸命に勤務して、職場の上司や同僚たちから厚い信頼を得る方がいます。 日本でひたむきに努力する外国人の方の姿に、日本人従業員が触発されて仕事を頑張るようになるケースも、多々あります。 働きぶりの良い外国 […]

  • 0件

留学ビザの学生バイトを雇えない業種

留学生のアルバイトが禁止されている業種   留学生は資格外活動許可を取得すれば、時間制限はありますがアルバイトができます。 実際に日本の多くの産業で、外国人留学生アルバイトが活躍しています。いや、外国人留学生のアルバイトなしには、回らない業種すらあります。 そもそも学業を行うために来日している外国人を当てにしなければ産業が回らないのは問題で、業界の体質改善が必要でしょう。 ただ、現状は簡 […]

  • 0件

専門学校卒と大学卒の就労ビザ申請の違い

日本人なら短大卒と同様に看做される専門士   日本人の新卒を採用する場合では、短大卒と専門士は、同じような評価を受けます。 業種によっては、専門士のほうが実践教育を受けているケースがありますので、重宝されます。 しかし、在留資格該の申請においては、大学・短大卒と専門学校卒では、扱いが異なります。 知らずに採用しようとしてビザ取得に失敗する経営者が多いのが、現状です。 一番大きな違いは、専 […]

  • 0件

バイトの掛け持ちでオーバーワーク

オーバーワークで更新申請が不許可に   当事務所のご相談の中で多いのが、留学ビザの更新をオーバーワークで失敗したというケースです。 ほとんどはご自身で申請して不許可になったか、入管から追加資料の提出を指示されて困ってから、ご相談に来られます。 その多くが、アルバイトを複数掛け持ちしていて、合計の勤務時間が週に28時間の制限を超えてしまっています。 中には、アルバイト先ごとに上限が28時間 […]

  • 0件

再申請で許可が下りるかどうか

非営利団体の範囲   在留資格の申請後、審査は入管の審査官が行います。 担当審査官から上司に決済書類が上がり、許可・不許可が決まります。 中には、合議で審査する案件もあるようですが、実態はなかなかわかりません。 ただ、審査の判断・結果については入管の裁量で行われ、結果について行政不服審査などの手段はありません。 下った判断を受け入れ、再申請するか、諦めるかを検討するのみです。 入管、法務 […]

  • 0件

非営利団体での外国人採用について

非営利団体の範囲   日本に来る外国人留学生などの中には、日本でボランティア活動や公益的な活動に身を投じる方がいます。 外国人の立場で、客観的に日本が抱える問題点が見えることも、あるようです。 ボランティア活動はそもそも就労ではありませんので、ワーキングホリデーや研修、研究などのビザになろうかと思います。 個々の活動に合わせて、在留資格を取得することになるでしょう。 非営利団体の就職先と […]

  • 0件

コンビニの外国人アルバイト

一般人からコンビニのアルバイトでの疑問   近年、コンビニに行くと外国人の方が働いている姿をよく目にします。 いや、むしろ目にしないほうが珍しいかもしれません。 それほど、コンビニにおいては外国人アルバイトは戦力としての役割を担っています。 しかし、一般の方からよく質問を受けます。 「日本では外国人の単純労働は認められていないはずでは?」 「コンビニは単純労働ではないのですか?」 といっ […]

  • 0件

学校卒業後に一時帰国して就職活動を続ける場合

特定活動への変更は留学ビザからのみ   大学や日本の専門学校を卒業して就職が決まっていない場合、そのまま日本で就職活動を続ける道があります。 在留資格「特定活動」への変更が必要ですが、これについては在留資格「留学」からの変更に限られます。 そのため、留学生が学校卒業後に一時帰国して在留期間が切れると、「特定活動」による来日ができなくなります。 ですから、一時帰国前に留学ビザから特定技能ビ […]