兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。
CATEGORY

就労ビザブログ

  • 0件

高度人材に該当していても、知らない場合は多い

優秀な外国人の労働者が、日本に入ってくる時代です。 最近では、エンジニアの方などは、かなり外国人の方が増えていると思います。   市場が縮小してく日本から、海外市場を狙うには外国人エンジニアの存在は不可欠なのでしょう。 日本は単一民族国家で、ほとんどの人は日本語だけしか話せません。 が、海外では2か国語、3か国語話せる人材は山ほどいます。   上記のような方が技術・人文知識・国 […]

  • 0件

就労ビザ更新の前に永住要件を満たした

就労ビザの更新について   就労ビザの更新については、勤務している会社や業務内容、給与などの条件に変化がなければ、それほど問題はないでしょう。 書類や各種証明書を集めて、申請を行います。 ただし、業務内容が変化した、会社の業績がかなり悪化しているなど、事情が変化した場合は、注意が必要です。 業務内容が変化した場合は、在留資格に適した仕事かどうかが、問われます。 新規申請と同様、きちんと立 […]

  • 0件

関連会社の違法行為もビザ審査に影響

日本滞在目的の申請が増加   当事務所で過去に手掛けたケースです。 エンジニアを採用しようとビザ申請をしましたが、不許可になりました。 本人も会社も概ね要件を満たしており、通常であれば許可が下りるケースでした。 入管にも出向き、理由を確認しましたが、それでもすっきりしませんでした。 よくよく調べてみると、どうやら採用する会社の関連会社が、過去に入管法違反をしていました。 申請時には、当方 […]

  • 0件

経営・管理ビザの審査が厳しくなっている件

日本滞在目的の申請が増加   経営・管理ビザについては、申請人の学歴及び職歴要件がありません。 そのため、他の在留資格の要件を満たせず、帰国せざるを得ない外国人の方が、日本滞在目的で申請するケースが増加しています。 つまり、真に日本でビジネスをする、ビジネスを管理するつもりがないため、許可取得後の活動実態が経営管理ビザと異なっているのです。 例えば、経営管理ビザ取得後に、アルバイトや現場 […]

  • 0件

就労ビザ滞在中で永住者の配偶者になった場合

基本的には日本人配偶者ビザ申請と同じ   技術・人文知識・国際業務ビザなど就労系ビザで滞在中の者が、永住者と結婚した場合です。 この場合に永住者の配偶者ビザに変更申請するかどうかが、問題になります。 基本的には日本人配偶者ビザと同様に、考えればいいと思います。 そのまま就労系ビザで滞在して問題がなければ、特にビザを変更する必要はありません。 ただし、永住者の配偶者ビザも身分関係ビザで活動 […]

  • 0件

社内懇親会等で飲酒する際の注意

飲酒が禁止されている宗教がある   社内行事で花見や懇親会、送別会、忘年会、新年会などを開催している会社は、多いでしょう。 日本的飲ミニュケーションは、社員間の親睦や連帯を深めるのに一理あり、日本の高度成長を支えてきました。 しかし、最近では若手社員は飲み会を嫌がる、お酒を飲めない新人も増えてきたと耳にします。 個人の趣味趣向のレベルであれば問題は少ないかもしれませんが、外国人の方にとっ […]

  • 0件

技能実習生から就労ビザへの変更

技能実習制度の目的に反する   技能実習生が日本の企業に就職して、就労ビザに変更したいとのご相談は、多いです。 技能実習生をしている方の働きぶりが良く、そのまま正社員として採用したいという相談や、技能実習期間を修了した後、雇用したいというご相談がほとんどです。 いずれにしても、許可申請の難易度は高めになります。 なぜなら、技能実習の目的は、日本での実習で見に着けた技術等を外国人が本国で活 […]

  • 0件

学生アルバイトの就労可能時間について

生計が成り立つ年収の基準   外国人留学生が資格外活動許可を得れば、アルバイトが可能なのはよく知られています。 コンビニや居酒屋などの店員の多くは、外国人留学生のアルバイトだから、多くの人にとって馴染みがあることでしょう。 週に28時間まで働けるという法の定めも、経営者はよく理解しています。 では、週に28時間はどのように判断されるのでしょうか? ここまで理解している方は、極々稀です。 […]

  • 0件

永住許可取得の必要年収

生計が成り立つ年収の基準   就労ビザで滞在中の外国人に限らず、永住ビザ申請の審査では、生計が成り立つかどうかが見られます。 つまり、年収です。 この年収については、明確な基準がありません。 入管の裁量で、判断されます。 ネットなどでは、300万円が基準という噂が流れています。 が、当方が手掛けたケースでは、300万に満たない年収でも永住許可は下りています。 なぜなら、個々の事案によって […]

  • 0件

日本人配偶者と離婚した場合の在留資格

日本人配偶者としての滞在ならビザ変更が必要   日本人と結婚し、日本人配偶者ビザで滞在している外国人の方が、日本人と離婚した場合です。 上記の場合、日本人と離婚したら在留資格に基づく活動を行っていないことになりますので、日本での滞在を止めて本国に帰国するか、ビザの変更が必要です。 既に婚姻関係が破綻して、別居している場合も同じです。 不法滞在のまま、働き続けていることになります。しばらく […]