入国管理局への書類提出を業務とできるのは、申請取次の資格を取得して行政書士か弁護士のみです。

よく、ビザの相談は誰にしたほうがよいかとのご質問をお受けしますが、専門の行政書士がまずは良いと答えます。

というのも、弁護士の多くは、入管業務を手掛けていませんので、本当に専門性があるかないかを見極めるのが難しい。

ビザ申請専門の行政書士に相談すれば、事案によっては入管対応に詳しい弁護士まで紹介してもらえることがほとんどです。

ビザ申請や取得の最初の窓口としては、行政書士が適任でしょう。