受任している案件で、14級から12級に等級アップしました。

依頼者にお伝えしたら、大喜びです。

やっと、自身の症状が正当に評価されたと仰っていました。

約1年前くらいにご依頼いただきましたが、当初から症状が重く、最初に14級が認定されても納得がいきませんでした。

そこで、懇意にしている医療機関をご紹介して診断書を作り直して、異議申し立て2回目で12級となりました。

立証は困難でしたが、報われた時には非常に嬉しく思います。

ですが、上手くいくケースばかりではありません。

異議申立てを続けるか、退くかの見極めが重要です。