特定技能の宿泊業の専門試験が、フィリピンのマニラで開催されたと報道がありました。

申込者の半数しか受験者数がいなかったようです。

 

とりあえず申し込んでから、受験を検討しようとした方が多かったのでしょうか?

試験情報の伝わり方が、おかしかったのか?

 

原因はまだ不明です。

 

しかし、当事務所の関係先でも特定技能への関心は熱く、今後は受験者及び入国者が増加することは間違いありません。

 

一方で、日本語能力の偽造証明が出回るなど、不正が横行する可能性があります。

不正を防止し、質の高い人材受け入れを目指してほしいところです。

 

当方も在留資格「特定技能」の申請相談を、受付ております。

 

特定技能