特定技能は技能実習と名称が似ているからか、似たような制度と間違われているケースがあります。

しかし、特定技能はこれまでの入管行政ではなかった、全く新しい在留資格です。

これまで認められなかった、「単純労働」の在留資格を創設し、外国人労働者を受け入れるものです。

 

日本国の政策転換といってもいいくらいです。

政府は一貫して外国人労働者の受け入れは、専門職に限っていました。

それを、4月からの特定技能では、覆しています。

 

今後の運用状況を見なければわかりませんが、多くの企業や外国人の方が関心を示しています。

4月以降は申請が相次ぐでしょう。

 

当サイトでも、制度が固まった段階で、きちんと説明ページを作成します。

特定技能