少し前のニュースですが、加古川でフィリピン人の方数人が不法就労の疑いで摘発されました。

短期滞在で来日し、難民申請をして就労していたようです。

就労禁止期間に就労していたため、入管法違反です。

仕事をあっせんした者も、不法就労助長で掴まります。

偽装難民申請対策として法改正がされましたので、その前に来日したケースですから、今後は同様の摘発は減ると思います。

不法就労の根本は、日本の人手不足にも要因があります。

違法な就労ではなく、きちんと合法的に外国人が働ける仕組みの整備が必要だと思います。

単純労働でも期間を限って就労できる在留資格の創設など、今後の法改正を期待しています。