当事務所は在留資格「日本人の配偶者」や「家族滞在」で配偶者や子を呼び寄せる案件が、多いです。

何も問題ないケースは許可が下りますが、少しでも証明書類等や経歴に不審な点があると、審査が非常に厳格になります。

 

もちろん、虚偽申請は不許可になって然るべきですが、真の夫婦や親子関係であっても、不許可になるケースがあります。

以前よりも、最近は審査が厳格になっている傾向です。

 

そのため、立証に不備のないように、

 

・夫婦、親子関係が真実であること

・日本での生活に問題ない生計維持能力があること

 

を中心に、十分な証明書類を提出するようにしてください。

 

上記で概ねは許可が下りるはずですが、それでも不許可になる場合は何か立証が足りないものです。

 

配偶者ビザなどの身分系の在留資格は、就労制限がないケースが多いです。

虚偽申請が多いため、審査が厳格になるのはやむを得ません。