厚労省の発表ですが、外国人労働者が昨年10月に127万人を超えていたようです。

前年対比18%の増加で、過去最多を更新しています。

3年間では、約50万人が増えています。

外国人の労働力なくして、日本経済が回らなくなっています。

中国の方が約40万人と一番多いのですが、ベトナムの方が約24万人で前年比40%増えています。

ベトナムの方の就労が、本当に多くなっていますし、ビザ取得のご相談も増えています。

この流れは、しばらく続くでしょう。