昨今は、入管も在留資格申請について丁寧に応対してくれるようになっています。

直接相談に行っても、電話で問い合わせても、申請についての手順や必要書類、書類の記載などまでアドバイスしてくれるようになりました。

高齢で体が不自由な方が申請に行くと、職員が座席まで来て対応している姿も見かけます。

このような入管職員の応対が、海外の日本に対する評判を向上させるだろうと思います。

 

しかし、入管への問い合わせは審査に及ぶと、原則的に回答は得られません。

審査の基準は非公開で、裁量の全ては入管(国)にあるからです。

 

ときおり、少しでも審査基準を聞きたくて、質問しますが、

「審査に関することはお答えできません。申請してください。」

との応えになります。

 

在留資格申請の許可・不許可が事前にわからない所以です。

他の許認可は事前に概ねは許可・不許可がわかります。

在留資格は申請してみないとわかりません。

審査基準は、ある程度公開されている部分と経験から、推量することになります。