あくまで私の実感ですが、4月に在留資格「特定技能」ができたのと、外国人自体の数の増加で、入国管理局の審査が長くなっています。

特定技能自体はそれほど申請がなされていない状況ですが、相談は多いのでしょう。

 

外国人の増加は、我が国の政策ですから、観光も就労者も年々増えています。

そうしなければ、各業界の現場の人手不足が解消できないためです。

観光客は増加したほうが、経済にはいいですね。

 

未就労の日本人がもっと人手不足の業界で働くとよいのですが、そういった就労もなかなか進みません。

当方は行政書士事務所で多くの外国人の方の就労ビザ取得のお手伝いをしております。

 

が、一方で日本人の就労も進めばいいと考えています。

 

入国管理局審査