政府は近い将来、裁判手続をネットで行えるように検討しています。

2020年導入を目指しているようですので、本当にすぐです。

民事訴訟法161条は、裁判手続を書面で行う旨を規定しています。

準備書面、訴状、証拠書類などを現在は印刷して書面で裁判所に提出していますが、これらを電子化するのです。

かなりの事務処理が省略化されるため、訴訟自体が増える可能性もあるでしょう。

国民が裁判所を使いやすくなるのは、いい方向性だと思います。

現在は、裁判は時間とお金がかかりすぎるイメージがありますので、イメージを払拭できればいいですね。