行政書士の中には、在留資格の許可率が高いことをアピールしている事務所も多いです。

この許可率ですが、事務所の方針によって操作できます。

 

不許可の可能性が高い案件を受けなければ、許可率が上がります。

そもそも在留資格業務の受任件数が少なければ、許可率が上がりやすいです。

 

依頼者の中には、何かしらの理由で不許可になったり、不許可の可能性が高いケースがあります。

そのような依頼者を何とかしてあげたいとサポートする事務所であれば、難しい案件を扱っていますので許可率は低くなります。

ですが、難しい案件を多く扱っている先生のほうが、実際の専門性は上であったりします。

 

行政書士を選び、相談される方は、表面上の許可率を参考にせずに、実際に会って話を聞いてから、選ばれたほうが良いかと思います。

 

また、管轄の入管によっても審査の厳しさが異なります。

審査の厳しい入管への申請が多い行政書士は、どうしても許可率が低くなります。

 

就労系、永住、配偶者といった、手掛ける申請によっても、得意・不得意があるものです。