ビザ申請を専門にしている行政書士であれば、一度は相談を受けるのが表題の悩みです。

真に愛し合っている二人であっても、親など周囲から結婚を反対されるケースがあります。

日本人同士でも多々ありますので、珍しいことではありません。

 

2人だけで籍を入れ、式も挙げれば結婚はできます。

が、当事務所はなるべくは周囲の理解を得るようにお勧めしています。

 

というのも、国際結婚は言葉や文化、習慣の違いから、どちらかが悩む機会が必ずあります。

夫婦だけで解決していける方たちもいますが、やはり周囲に相談できるほうがいい。

 

特に日本で暮らす場合には、在留資格の身元保証人の問題もあり、周囲の協力を是非取り付けておきたいところです。

親の反対は、ほとんどが子を心配するあまりですので、子が真に愛している人と結婚するのを妨げるのが目的ではありません。

根気強く説得すれば、いつかは理解を得られるものです。