外国人の方でビザの更新などが危うくなると、「経営管理」ビザに変更しようと考えるものです。

というのも、経営管理ビザには学歴や職歴要件がほぼないため、金銭的な要件(原則500万円)をクリアしさえすれば許可が下りると思われています。

しかし、前回に引き続き、経営管理の審査が非常に厳しくなっている旨をお伝えしておきます。

 

最近もありましたが、真に事業を行う目的ではない申請では、不許可になります。

つまりは、嘘はいけないということです。

真面目に日本でビジネスをするつもりなら、このくらいは立証でき、事業計画もあるでしょうと、入管からはさまざまな書類を求められます。

もちろん、ビザを受けようとする当人の経歴も重要です。

これまでの経歴から全く関係のない事業を行うのであれば、なぜその事業を行うのか、知識や技術はどうやって見に着けるのか、見通しはあるのかなどまで、答えを用意しなければいけません。

 

日本で医療を受ける目的のビザ申請なども増えていますので、虚偽ではない旨の立証を重ねる他はありません。