経営・管理ビザで入国する際には、日本でビジネスを開始する準備が必要です。

その事務所ですが、貿易など電話一本あればできる業務であっても、住居兼用ではなくきちんと業務用の事務所を賃貸するのが望ましいです。

昨今は、レンタルオフィス、バーチャルオフィス的なものも充実していて経費を節減できるようになっていますが、ビザ取得のためには事業を永続していく意思が必要で、それを立証するのは正式なオフィスでしょう。

真に日本でビジネスをする意思があってこその、経営・管理ビザです。