現在、政府は民泊の要件を緩和する方向で議論しています。

当初、ホテルの稼働率が上がり過ぎて、宿泊施設が足りない状況でしたので必要性が高くなっていました。

しかし、中国人観光客の爆買いが一段落したと言われており、今後も右肩上がりで観光客が増えるのかを疑問視されています。

しかし、私の見解ではまだまだ増えると思います。

政府がビザ等の緩和を積極的に進めていますので、当面、少なくとも東京オリンピックまでは流れは変わらないでしょう。

インバウンドビジネスについては、まだまだ可能性があります。