先日の国会で、在留資格に「介護」が加わる法案が成立しました。

また、技能実習においても資格を持たなくても介護職員実習生として来日することが可能になる予定です。

2025年には日本の介護職は30万人以上不足すると言われていますので、政府もこれまでの方針を変えざるを得なかったのでしょう。

有能な人材が介護の現場で働いてもらえるのは、私自身は歓迎すべきだと考えています。

福祉業界で長く働いてきましたので、今後は外国人の方と福祉業界の橋渡しができる行政書士になりたいと考えています。