後遺障害認定の被害者請求で一番認定が取れる確率が高いのが、初回の申請です。

そのため、初回の申請の立証には最大限尽力します。

よく、「初回は自分でやってみて、駄目だったら依頼します」と仰る方がいます。

しかし、初回よりも難易度が高くなっていますし、初回に提出した書類等が影響して足を引っ張るケースもあります。

四苦八苦して異議申し立てで立証するよりも、すんなり初回申請で認定されるほうが労力が少なくてすみます。

専門家にご依頼される場合でも、異議申し立てからではなく、初回申請からをお勧めします。