在留外国人の方が増加しています。

何かと問題が指摘されている技能実習制度ですが、全てがいけない訳ではありません。

 

制度自体が悪だと、けっこう誤解されているように思います。

が、中には日本で実習生として技術を学び、母国に帰ってから起業するなどして成功を収めている方も多くいます。

 

現在は年間に約15万人くらいの実習生が訪れています。今後も増加していくでしょう。

それだけの数の実習生の受け入れ先の一部が、不正を働いているという理解です。

 

もちろん、多くの企業の思惑に、労働力不足を補う意図がないとは、言いきれません。

制度の目的自体が異なってきているという指摘は、概ね該当するでしょう。

これについては、特定技能との関係もありますが、改善を重ねていく必要があります。