日本人配偶者や家族滞在の在留資格を申請して不許可になるケースで多い2つのポイントを、述べます。

 

1つ目は、真の結婚が成立しているかどうかを、疑われている場合です。

つまり、偽装結婚ではないかと考えて、入管は不許可を出しています。

この場合は、結婚が真なるものであることを、あらゆる資料で立証することになります。

結婚証明書があるではないかと思うかもしれませんが、結婚証明書ですれ偽造が疑われます。

 

2つ目は、生計が成り立つのかどうかを、疑われている場合です。

つまり、夫婦の収入で日本で生活していけないと考えられています。

この場合は、収入や援助者からの援助額で立証していきます。

十分に日本で生活していける旨を、証明します。

 

夫婦や子と暮らしたいのに、許可が下りない方のご参考になれば幸いです。