報道で目にしたばかりですが、EPAで来日している介護福祉士と看護師候補者で、国家資格を取得できなかった方々に「特定技能1号」への移行を認める運用方針が発表されています。

これまでは、国家試験に受からなければ介護福祉士で最長5年、看護師で最長4年の滞在しか認めませんでした。

 

特定技能1号への移行を認めれば、さらに5年は滞在できます。

長く日本で滞在し、働ける道ができたのは、良いと思います。

 

ただ、EPAで来日した方の多くは、非常に優秀な方々です。

その後の滞在にも、道を開いたほうが、我が国の介護・看護現場に寄与するような気はしています。

 

介護・看護現場は慢性的な人材不足が続いています。

今のままでは、施設はできても、人がいないという状況になりかねません。