帰化は審査する側の裁量が大きい手続です。

下手をすれば、要件を満たしていても不許可になります。

また、法務局によっても微妙に基準に差があります。

基準と言いますか、裁量部分の差です。

申請の際はそれぞれの法務局の求める要件に対応する必要があります。