経営管理ビザの申請方法には、概ね3通りあります。

1つめは、ご本人は外国に居住したままで、申請する方法です。

日本で会社設立や管理者として事業を行う準備が必要ですので、行政書士やその他の協力者が必要です。

2つめは、4カ月の経営管理ビザを取って来日し、事業開始後に更新申請する方法です。

この方法だと、事業開始前にビザを取れます。

更新が近いために二度の申請が必要ですが、経営管理ビザを持って事業を開始できます。

3つめは、表題のように、短期滞在で日本に来て、経営管理ビザを申請する方法です。

申請は可能ですが、短期滞在の期間が過ぎるとオーバーステイになりますので、期限内にビザが下りなければ帰国しなければなりません。

つまり、経営管理ビザでは2カ月の延長の例外がありません。

その他、現在他の在留資格をお持ちの方が変更申請するケースがあります。

こちらは有効なビザがありますので、十分に時間があるはずです。それほど難しくないケースが多いです。