外国人には現在与えられている在留資格と同一の活動を行うために、在留期間を更新することができます。

この手続が、在留期間更新許可申請です。

永住者を除く、全ての在留資格には期限が定められています。

そのため、この期限を越えて日本に滞在して活動したい場合には、更新の手続が必要なのです。

手続申請は、在留期限の到来する前に、居住地近くの入国管理局や支局、出張所に対して行います。

更新申請は、現に付与されている期間と同じ期間の申請をするのが原則です

しかし、それより長い期間の在留許可がほしいときは、その旨を窓口で申し出ることができます。