過失割合について、別冊判例タイムスや書籍、実況見分調書、現地調査によってご自分に有利な証拠が得られたら、保険会社と交渉することになります。

もちろん、いろいろ調査した結果、ご自分の過失のほうが大きかった場合、自分に不利なことは黙っておいたほうが得です(笑)。

 

保険会社との交渉ですが、保険会社も判例タイムスで過失を決めていますので、まずは、どういう判断をしたのかを、相手の根拠を聞き出してください。

聞き出した内容を調査し、保険会社の根拠をつぶしていきます。

最初は事故の担当者との話し合いになると思いますが、話にならなければ営業所の所長と話をつけるのが一番早いです。

ただし、感情的になって怒ったりしてはいけません。そうなってしまうと、保険会社の顧問弁護士が出てきて、話がややこしくなるからです。

あくまでも交渉ですので、過失割合で保険会社との交渉がうまくいかなければ、後の示談の際やあっせん機関、最終的には訴訟での解決となります。