外貌の醜状障害

1 「外貌」とは、頭部、顔面部、頚部のごとく、上肢および下肢以外の日常露出する部分をいいます。

 

2 外貌における「著しい醜状を残すもの」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます。

(ア) 頭部にあっては、手のひら大(指の部分は含まない。以下同じ。)以上の瘢痕または頭蓋骨の手のひら大以上の欠損

(イ) 顔面部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕、長さ5cm以上の線状痕または10円銅貨大以上の組織欠没

(ウ) 頚部にあっては、手のひら大以上の瘢痕

 

3 外貌における「単なる醜状」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます。

(ア) 頭部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損

(イ) 顔面部にあっては、10円銅貨大以上の瘢痕または長さ3cm以上の線状痕

(ウ) 頚部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕

 

4 障害認定の対象となる外貌の醜状とは、他人をして醜いと思わせる程度、すなわち人目につく程度以上のものでなければならないから、瘢痕、線状痕、および組織陥没であって、眉毛、頭髪等に隠れる部分については醜状とは取り扱いません

 

5 顔面神経麻痺は、神経系統の機能障害ではあるが、その結果として現れる「口のゆがみ」は、単なる醜状として、また閉瞼不能は眼瞼の障害として取り扱います。

 

6 頭蓋骨の手のひら大以上の欠損により、頭部の陥没が認められる場合で、それによる脳の圧迫により神経症状が存する場合は、外貌の醜状障害に係る等級と、神経障害に係る等級のうちいずれか上位の等級により認定することになります。

 

7 眼瞼、耳介及び鼻の欠損障害については、これらの欠損障害について定められている等級と外貌の醜状に係る等級のうち、いずれか上位の等級により認定することになります。

なお、耳介及び鼻の欠損障害に係る醜状の取扱いは、次によります。

(ア) 耳介軟骨部の2分の1以上を欠損した場合は、「著しい醜状」とし、その一部を欠損した場合は、単なる「醜状」とします

(イ) 鼻軟骨部の全部又は大部分を欠損した場合は、「著しい醜状」とし、その一部を欠損した場合は、単なる「醜状」とします。

 

8 2個以上の瘢痕又は線状痕が相隣接し、又は相まって1個の瘢痕又は線状痕と同程度以上の醜状を呈する場合は、それらの面積、長さ等を合算して等級を認定します。

 

9 火傷治癒後の黒褐色変色又は色素脱失による白斑等であって、永久的に残ると認められ、かつ、人目につく程度以上のものは、単なる「醜状」として取り扱うが、この場合は、その範囲は前記ウに該当するものである必要があります。

 

10 なお、男子でも顔面のほとんどの部分の醜状で、他人に嫌悪感を抱かせる程度のものは、女子の著しい醜状の等級に準じて、7級が認定されます。