1、まず、法律的に正当な損害賠償金の計算を行います。

これが一番難しいかもしれません。

できれば、自分で計算した賠償額を交通事故の専門家に一度は見てもらうことをお勧めします。
この計算をいい加減にしてしまうと、自分の納得いく金額の賠償金が取れないかもしれませんのでしっかり計算してください。

2、次に、相手方にいくら請求するのかを決めます。

後で詳しく書きますが、相手の支払い能力も考えて計算した額より少し多めに請求するのがいいでしょう。

最終的にはこの請求額より減額された額が示談金となります。そのため、最初は多めに請求するほうがいいのです。

ただし、あまりに多すぎると素人だと馬鹿にされかねません。

なお、保険会社が相手の場合は、裁判所基準で提示して交渉を始めてください。なぜなら、保険会社には支払能力があるからです。

3、示談交渉を行います。

弱気にならず、しっかり自己の主張をしてください。あなたには正当な賠償金をもらう権利があるのです。
あなたが交通事故で受けたつらさや苦しみを、おそらく相手はわかってくれないでしょうが冷静に交渉してください。

4、交渉が妥協すれば、示談書を作成します。

示談書はなるべく公正証書にしてください。

保険会社が相手の場合、保険会社の示談書でも大丈夫です。示談が成立すれば支払うからです。
示談書は私文書ですので、加害者がお金を支払わない場合に法律上の執行力がありません。裁判を起さないと加害者の財産を競売できません。
その点、公正証書には執行力がありますので、加害者の財産を競売できるのでので有利です。