示談交渉のコツ

正当な損害賠償金を受け取るためには、自分の受けた損害賠償額がいくらかがわかっていなければ交渉できません。そして、その算定の根拠を示しながら、保

険会社と交渉することになります。

前述した裁判所基準で算出した損害賠償額を、相手に提示して行います。

最初に保険会社が被害者に提示してくる賠償金の額はすごく少ないものです。

これは、一つには保険会社が営利企業であり、なるべく払わないほうが自社の利益になるからということもあります。保険会社の担当者は保険金をなるべく支払わないように教育を受けていますし、支払わずに会社に利益を残したほうが人事考課で良い評価を得られます。

また、保険会社基準では、そもそも賠償金を算定する基準が低いです。

裁判所基準で算出した正当な金額と、保険会社の提示してきた金額の妥協点を、交渉を重ねながら見つけていきます。