交通事故保険の仕組み

交通事故の保険は、自賠責保険と任意保険に分けられます。

自賠責保険は最低額の補償を定めたものです。

それでも補えない部分を任意保険が補償します。

この2階建ての仕組みを理解していないと、保険会社の担当者の言いなりで事故処理される可能性が高いです

 

交通事故で加害者側が任意保険に加入していますと、たいていは任意保険会社の担当者が加害者の代理で示談にやってきます。

任意保険会社の思惑としては、「できるだけ任意保険での支払いをしないこと」、この1点につきます。

ということは、できるだけ自賠責保険の支払金額で示談を成立させようと被害者を煽ります。それに、多くの被害者が引っかかってしまっているのが現状です。

 

「これ以上は出ないんです。すいません。」「支払規定で決まっていますから・・・」などと言って、自賠責保険基準の範囲内では支出できない金額を、さも任意保険でも支払えないように、一緒にして話をしてきます。

ですから、保険会社の担当者と交渉する際には、2階建ての仕組みであることをしっかりと覚えておいて、自賠責保険の額のことを言っているのか、任意保険の支払い額のことを言っているのかを理解してから話をしてください。