A. いきなりのご紹介はしておりません。

当事務所が受任したケースで訴訟などに至った場合にのみ、ご紹介しております。

既に弁護士を依頼されている方については、弁護士同士のトラブルとなりますのでお断りしています。

ただし、当事務所からご紹介することは可能ですが、人と人ですから相性があります。

実際にお会いになって依頼されるかどうかは、ご自分でご判断いただくことにしております。

また、弁護士に依頼しているけど、後遺障害の部分だけ手伝ってほしいというご相談があります。

弁護士の先生が、後遺障害認定は不得手なケースです。

その場合は、まずは弁護士の先生に、後遺障害の部分は行政書士に依頼したい旨をご相談ください。

複数受任は可能ですが、双方協力して事故処理を行っていきますので、円満に進めなければいけません。