A. 当事務所も含めて、全国対応可能な専門家をお探しください。

事故関係の書類を拝見し、書類作成、保険請求手続、そして後遺障害認定から示談のアドバイスまでさせていただきます。

メール、FAX、郵便、電話等のコミュニケーションで依頼者様の慰謝料額を最大化できます。

ただし、遠方のデメリットとして医療同行は費用負担していただかないとできないかもしれません。

代わりに、医師へのTELや手紙等の方法で後遺障害診断書の記載をサポートします。

医療同行するのと概ね結果は変わりませんので、遠方からのご依頼についても、支援内容は大差ありません。