A. 例外はありますが、あまり記載のない後遺障害診断書より、多く記載されている診断書の方が症状が見る人に伝わりますので、評価される傾向にあります。

なるべくなら、症状を詳しく診断書に記載してもらってください。

・何を、どう書いてもらえばいいのかわからない。

・記載について、医師に意見を言い難い。

・お願いしても、医師が書いてくれそうにない。

以上のようなケースでは、専門家にご相談されたほうがいいと思います。

当事務所では、医師に追加記載や必要な検査のお願いをすることがあります。

医師の診断上は必要がなくても、後遺障害立証上は必要なことがよくあるからです。