医師との関係が上手くいっていないケースです。

医師の見解として、後遺症とは認めないというケースは多々ありますが、それと等級認定とは別に考える必要があります。

代表的なのが、年齢変性です。

年齢変性は異常ではありませんので、ほとんどの医師は加齢によるものであって、異常ではないと言います。

しかし、後遺障害認定上は、年齢変性であっても記載して総合的に立証すれば等級認定の可能性はあります。

したがって、診断書を書いてもらえなければ全く可能性がなくなりますので、転院する他はありません。