A. 本当です。

ほとんどの被害者は、自賠責保険の金額そのままか、それに少し上乗せされた程度しか受け取っていません。

たいていの場合は、保険会社の担当者から自賠責保険の金額程度を提示され、納得いかないと交渉に入ります。

何度か担当者と交渉を重ねた後、担当者から「これ以上は出せません。当社としては上限です」と、自賠責保険金額に多少色を付けた程度の賠償金額で示談をしてしまいます。

1人で交渉していてはいけません。

誰かに、できれば専門家に相談して、せめてご自分の賠償金がどの程度になるか、または、相手方の提示額が妥当かどうかを確認してから示談してください。