A. 自分でされて非該当でも、当事務所が関与して等級が取れることは多いです。

要は、立証が十分にできていたかどうか、によります。

通院歴や、医師が記載する後遺障害診断書で立証がなされていて非該当の場合は、異議申立をしても等級認定の可能性がないこともあります。

しかし、一度は異議申立をしたほうがよいと思います。

それほど立証書類に変化を加えなくても、異議申立書に主張を加えて提出すると認定されることがあります。

いずれにしても、書類を拝見しないことには何とも言えません。

まずは、専門家にご相談ください。