通院している病院の主治医が等級を認めてくれ、後遺障害診断書にも具体的等級を記載してくれたのに、非該当の結果となったケースです。

後遺障害に協力的な医師に出会えたのは幸運です。

ただし、等級認定の判断はあくまで調査事務所が行います。

よく、身体障碍者手帳の交付申請で主治医が参考までに等級を診断書に記載するので、その感覚で記載されたのでしょう。

調査事務所も無碍にはしないでしょうが、主治医の判断に縛られません。

また、保険会社の顧問医などからも診断書が出ているケースもあり、主治医と全く異なる見解を記載していることも珍しくありません。