A. 弁護士は示談交渉~裁判までを代理で行ってくれますが、行政書士は代理で示談交渉することはできません。

書面とアドバイスでのサポートになります。

その代わり、弁護士より費用が少なくて済むことがほとんどです。

初めから訴訟をお考えなら弁護士、後遺障害認定を重視されているなら行政書士(自賠責後遺障害認定は代理できます)に依頼するのが無難でしょう。

後遺障害認定については、専門性の高い行政書士が多くいます。

弁護士の先生は、どちらかといえば金額交渉が得意な方が多いです。

最終的には人と人ですから、相性です。