A. サイトの中で説明していますが、損害賠償額の基準には、裁判所基準・任意保険会社基準・自賠責保険基準の3つがあります。

その内、一番金額が高くなるのが裁判所基準です。

被害者は裁判所基準にできるだけ近づけて示談するのが一番高額な賠償金を受け取れますので、裁判所基準で請求します。

市販の書籍でだいたいの基準額がわかりますが、できれば専門家にご相談されたほうがよいでしょう。

行政書士は正当な基準で算出した損害賠償請求書を作成でき、弁護士は示談交渉ができます。