・後遺障害の申請時期

後遺障害の申請時期は、交通事故後、6ヶ月経過してからが1つの目安となります。

また、通常のむちうちなどであれば、保険会社から6ヶ月~治療費打ち切りの催促(様子うかがい)がくるようになります。

 

被害者としては、まだ症状が残っているのだから、完全に痛みなど症状が無くなるまでは治療を続けたいと思うかもしれません。

しかし、その痛みなどが残っている状態やその後も続いていく症状に対して慰謝料が支払われます。

痛みがあるからとずるずる治療を続けていても治療の効果があまり見られない場合には、社会復帰したほうがよいと思います。

日常生活を取り戻すことを優先されたほうがよいと考えます。

 

もっとも、脳外傷による高次脳機能障害などの場合には、症状固定の時期が事故後1年を越える場合もあります。

 

・後遺障害認定の審査方法

後遺障害の認定は、原則書面審査です。

医師の書いた後遺障害診断書や検査所見、XP・CT・MRIなどの画像によって審査されます。

ですから、これらの書類等をきっちり揃えることが最も重要になります。